経常黒字、過去最大10兆円減=資源高・円安響く―22年

時事通信社
Pocket

都内 港
財務省が8日発表した2022年の国際収支速報によると、海外とのモノやサービスの取引、投資収益の状況を示す経常収支の黒字額は、前年から10兆1478億円(47.0%)減少し、11兆4432億円となった。(i-stock/yongyuan)

 財務省が8日発表した2022年の国際収支速報によると、海外とのモノやサービスの取引、投資収益の状況を示す経常収支の黒字額は、前年から10兆1478億円(47.0%)減少し、11兆4432億円となった。減少額は過去最大。資源高と円安で貿易収支が赤字に転落したことが主因で、経常黒字額は14年以来8年ぶりの低水準に落ち込んだ。

 輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は15兆7808億円の赤字(前年は1兆6701億円の黒字)。原油などの資源価格が高騰し、赤字幅は過去最大となった。輸送や旅行などのサービス収支は5兆6073億円の赤字(同4兆2316億円の赤字)だった。

 同時に発表した22年12月の経常収支は、前年同月比90.9%減の334億円の黒字だった。黒字は2カ月連続。 

 ◇2022年の国際収支
               22年      前年
経常収支         114,432  215,910
 貿易・サービス収支  ▲213,881  ▲25,615
   貿易収支     ▲157,808   16,701
      輸 出    986,903  822,837
      輸 入  1,144,711  806,136
   サービス収支    ▲56,073  ▲42,316
 第1次所得収支     353,087  265,814
 第2次所得収支     ▲24,773  ▲24,289
(注)単位億円。▲は赤字

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態