実質GDP、年1.2%減=4期ぶりマイナス―7~9月期

時事通信社
Pocket

内閣府が15日発表した2022年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%減、この成長が1年続いた場合の年率換算は1.2%減だった。(i-stock/kitchakron)

 内閣府が15日発表した2022年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%減、この成長が1年続いた場合の年率換算は1.2%減だった。4四半期ぶりのマイナス。個人消費が鈍化したほか、大幅な輸入の増加に伴い外需の寄与度がマイナスとなったことが影響した。

 物価変動の影響を反映し、生活実感に近い名目GDPは前期比0.5%減、年率2.0%減だった。 

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態