創業40周年のブロンコビリー 若手には失敗する権利がある

 1943年生まれの竹市靖公さんが喫茶店「トミヤマ」を始めたのは26歳の時だ。
しかし、「この事業では、従業員に年収500万円を支払うことはできない」と一念発起する。そして、78年に開業したのがステーキハウスの「ブロンコ」だ。

 

 順風満帆だった。
 85年には「炭焼き」と「サラダバー」を導入して、一気に人気を博した。
 93年には多店化に備え、愛知県春日井市にコミサリー(自社加工工場)を開設する。
95年には商号を現在の「ブロンコビリー」(愛知県/竹市克弘社長)に変更。「炭焼き」「サラダバー」という2つの武器を携えて快進撃を続けた。

 

 しかし、あることを端緒に躓くことになる。
「200店舗くらいまで規模を拡大したいと考え、2000年に低価格路線への変更を決め、手間とコストのかかることは極力やめました。『炭焼き』を鉄板に変え、『サラダバー』を廃止して、大量出店に専心するように舵を切ったのです」(竹市さん)。
 ブロンコビリーは低価格路線にまっしぐら。1700円あった客単価を970円にまで引き下げ、出店を重ね、店舗数は40に達した。

 

 ところがそこで降って沸いたように、2001年、BSE(牛海面状脳症)問題が勃発する。
売上高53億円の企業は5億円以上の赤字を計上し、有利子負債は38億円―-。

 

 事業最大のピンチだった。
「もう一度自分の商売の原点を考え直さなければいけない」。

 

 失意のどん底の中で、たまたまつけていたラジオの声にはっとさせられた。
「番組では『今年なくなって腹が立つことランキング』という企画をやっていました。その第2位にランクインしていたのが『ブロンコビリーのサラダバー』だったのです」(竹市さん)。

 

 「なんだか感動してしまってね。温かい風に吹かれたような気持ちになった。同時にお客さまの期待に応えなければいけないという熱い思いがこみ上げてきました。これから得意なこと、好きなことをやって、それをお客さまに提案して信頼関係を築いていこう」と竹市さんは考え直した。

 

 再び、04年6月から、オープンキッチンによる「炭焼き」「大かまど(で炊くご飯)」「サラダバー」の導入改装を開始し2005年4月には全店舗のリモデルを終えた。

 その後のブロンコビリーは、3つの武器を差別化要素として、さらに磨きこんだ。
17年12月期の業績は売上高197億6500万円(対前期比9.7%増)、経常利益率12.7%は飲食業界で第4位、127店舗を展開するに至っている。

 

 現在はブロンコビリーの代表取締役会長の竹市さんは、自分の経験を踏まえて、「若手社員には失敗する権利がある」と力をこめる。
「だから、今の社長を含め、若手には『失敗権』を与えたい」。

 

 難しいことに挑戦して、失敗するならそれもかまわないという考えだ。
「何も失敗しないということは、そもそも挑戦していないということ。社長の下で、みんなが将来を見つめながら挑戦してほしいと考えています」。

 

 創業40周年。ブロンコビリーは7月25日に、2018年12月期の中間決算を発表した。
 売上高111億5500万円(同18.0%増)、営業利益14億1500万円(同30.8%増)、経常利益は14億5300万円(同30.1%増)、既存店舗は同2.3%増と絶好調。ただ、高業績にも甘んじることなく、主力商品を練り直し、SNSを活用した新しい販促にも挑戦しながら、さらなる高みを目指している。