ホーム   特集&連載    DRMオンライン・ピックアップ    ダイヤモンド・ホームセンターView Point 
記事タイトルバナー
2018年3月1日

〈特別企画〉ホームセンターバイヤーが選ぶ年間ヒット商品2018
ガーデニング:薬剤部門、肥料部門、園芸(農業機器)部門

Diamond Home Center

〈特別企画〉ホームセンターバイヤーが選ぶ年間ヒット商品2018


■ガーデニング:肥料部門

 

用途がはっきりした肥料
明快なメッセージが初心者にも伝わった

マイガーデン 元肥用/住友化学園芸

 

★★★ 選評


1.6kgの拡売で認知度がアップ、さらに売上伸ばす

 

 住友化学園芸の粒状肥料「マイガーデン元肥用」は、2011年に700gが発売された。16年に1・6㎏が新たにラインアップされたことで、17年の売上がこれまでを超える実績を挙げたことから、各ホームセンターからも高い支持を集めて受賞となった。

 

 園芸初心者にとって、肥料や薬剤などの資材選択はハードルが高く、結果的にオールマイティーなタイプに行きつく傾向が見られる。「元肥用」はそうした需要を見すえた開発によりヒットし、さらに多く使いたいという声に応えて大容量のタイプを発売した。その後売場での展開が広がり、認知度も高まり、さらに売上を伸ばすことにつながった。

 

 同社の「マイガーデン」シリーズには、「元肥用」、「植物全般用」、「花・野菜用」、「芝生用」、「ベジフル」がラインアップされている。いずれも、元肥としても追肥としても使用できる肥料だが、その中で「元肥用」がヒットしている要因については、商品名が対象植物ではなく、用途を明記した単純明快さがポイントと言えよう。

 

 また、ばらまくだけで、1年間効きめが続くという商品設計や、土に活力を与える腐植酸配合といった付加価値への評価も売上増につながっている。

 

★★★ アンケート結果


4項目で最高評価を獲得

 

マイガーデン元肥用1.6kgの評価
拡大画像表示

 「マイガーデン」シリーズの発売からはすでに10年以上がたち、ブランド認知も高まっている。用途がそのまま「元肥用」と商品名に使われているわかりやすさも売上増につながったことから、バイヤーアンケートでは「ブランド力」は圧倒的に高い評価を得て「5」となった。

 

 「新規機能性」は、1年間効きめが続く持続的機能が初心者に受け入れられたことから、最大評価の「5」となった。同様に「5」だったのが、「価格(値ごろ感)」と「斬新さ(デザインなど)」。「価格(値ごろ感)」は、大容量タイプの追加発売に伴い値ごろ感も出たことが評価された。「斬新さ(デザインなど)」も、商品の特長をわかりやすく訴求している点が評価された。

 

 「売場提案(販促)」、「メーカーの広告力」に関しても、住友化学園芸のPOPや広告展開など安定した売場支援を支持する声もあり、「4」という商品開発と販促がバランスの良い評価となった。

 

DRM online 関連記事

Special topics