アマゾン、偽造品撲滅プロジェクトを日本でも開始、AIなど活用

2019/10/10 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

アマゾン 段ボール
日本ではパナソニックや任天堂、アイリスオーヤマなどが協力する

 アマゾンジャパンは10月9日、同社のEC(インターネット通販)サイトに出品される商品の中から偽造品を撲滅する「プロジェクトゼロ」を開始したと発表した。人工知能(AI)などの技術を活用して、消費者が閲覧する前に偽造品を排除する。

 同プロジェクトは2019年初めに米国、ドイツ、イギリスなどでスタートしており、日本が7ヵ国目となる。ブランドオーナーと協力しながら偽造品の撲滅を進めるが、米国と欧州では6000を超えるブランドが同プロジェクトに登録されている。日本でも試験運用を開始しており、パナソニックや任天堂、アイリスオーヤマなどが協力している。

 世界中のアマゾンのサイトで毎日更新される50億件を超える商品情報を自動スキャンし、偽造品の疑いがある商品を検知する。ブランドオーナーが疑わしい商品情報をサイト上から削除できる機能もある。また、ブランドオーナーが自社商品の製造・発送の過程で固有のコードを発行し、そのコードによってアマゾンで販売される商品の真偽を確認できるサービスを20年前半から日本でも始める。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media