東北最大級のSC、イオンモール新利府 地域密着をテーマにした北館のリニューアルをレポート

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

イオンモール(千葉県/岩村康次社長)は7月2日、宮城県宮城郡のショッピングモール「イオンモール新利府 北館(以下、北館)」をリニューアルオープンした。このリニューアルによって、3月5日にオープンした「イオンモール新利府 南館(以下、南館)」と合わせ、東北最大級のショッピングモールが誕生した。本記事では、新生・イオンモール新利府 北館の様子をレポートする。

地域のニーズを充足する北館

 イオンモール新利府は、JR東北本線「利府」駅より徒歩約20分。現在の北館は、2000年4月「イオン利府ショッピングセンター」として誕生し、その後11年に「イオンモール利府」に改称。20年の営業を経て、リニューアルのために21年1月末で営業を休止し、「イオンモール新利府 北館」として今回生まれ変わった。3月にオープンした南館とは県道8号を挟んで隣接しており、北館1Fと南館2Fを繋ぐ連絡通路もリニューアルに合わせて設置された。

 北館の総賃貸面積は約3万4000㎡とショッピングモールとしてはコンパクトな面積だが、丸々増床というかたちになった南館の総賃貸面積が6万9000㎡で、合わせると約10万㎡の東北最大級の商業施設となる。

 北館・南館ともに、「『LIVE FULL DAYS』“毎日の生活をもっと楽しく、もっと素敵に”」をコンセプトに掲げているが、それぞれの館でめざすところはやや異なっているという。南館はアミューズメント施設や提案型のテナントが多く入居し、広域からの集客をめざす。対して北館は地域密着型で、地元の人々が日常をより便利に過ごせるためのモールづくりを行っている。その違いはそれぞれの核店舗にも現れており、南館の核店舗としてはイオンリテール(千葉県/井手武美社長)の運営する「イオンスタイル新利府」が、北館の核店舗としてはマックスバリュ南東北(宮城県/大南淳二社長)の運営する「ザ・ビッグ新利府店」が入居している。広域集客のコンセプトに合わせ、より提案型の食品スーパー(SM)を核店舗とした南館と、日常の買い物として低価格路線を訴求するディスカウント型SMを核店舗とした北館のねらいの違いは明らかだ。

北館核店舗の「ザ・ビッグ新利府店」

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media