渋谷地下街に地方産品を展示販売するAIカフェ、NTT東が技術提供

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

渋谷地下街「しぶちか」に登場する地方産品の展示販売やPRを行うAIカフェの完成イメージ
コネクテッドコマース社が運営を手がけ、全国へのフランチャイズ展開を目指す

 東京・渋谷スクランブル交差点の地下にある商店街「しぶちか」に、地方産品の展示販売やPRを行う“AI(人工知能)カフェ”が登場する。リアルとデジタルを融合した商業施設のプロデュースを手がけるコネクテッドコマース(東京都渋谷区)が運営する「AZLM CONNECTED CAFE(エーゼットエルエム コネクテッドカフェ)」で、7月1日にオープンする。店内のICT(情報通信技術)環境などの技術基盤は、NTT東日本が提供する。

 特徴は地方の企業や生産者などが商品を展示できるスペースを備えていること。約300点の商品展示スペースがあり、月額3万3000円(税込み)の出展料を支払うことで自社の商品を展示できる。EC(インターネット通販)と連携させ、商品を販売することも可能だ。

 コネクテッドコマース社はNTT東のデータ解析およびAI基盤技術を活用し、カフェ店内での人の流れや展示商品への興味・関心など行動データを匿名化した上で購買傾向などを解析、出展者に提供する。

 カフェで提供するメニューは、コーヒーが99円など価格を抑えた。各種の飲料や軽食も提供する。支払いは「Amazon Pay(アマゾンペイ)」による完全キャッシュレス決済で、音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」での注文もできる。

 コネクテッドコマース社では今後、百貨店や電鉄系ディベロッパーなどを対象にAZLM CONNECTED CAFEのフランチャイズ展開を進めていく予定。将来的には車やアパレル商品なども展示できる大型店も出店し、10年後に2000店を目指すとしている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media