脱炭素社会に向け40%節電をめざすローソンが出店したモデル店、6つの取り組みとは

2022/11/10 05:55
中原 海渡(ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

ローソン(東京都/竹増貞信社長)は113日、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを結集したモデル店を、神奈川県川崎市にオープンした。2013年度対比で電気使用量40%CO2 排出量55%の削減をめざして運営するという。その具体的な取り組みについて、ローソン広報担当に詳細を聞いた

 2050年目標はCO2排出量ゼロ

ローソン
将来的にCO2排出量ゼロをめざすローソン

 ローソンでは、2050年にCO2排出量や食品ロス、容器包装プラスチックをそれぞれゼロにすることを目標にした環境ビジョン「Lawson Blue Challenge 2050!」を掲げている。その一環として、CO2排出量の削減につながる電気使用量の削減のための取り組みを結集したモデル店を出店した。

 モデル店は、「川崎」駅よりバスで約10分の位置にある「ローソン川崎中島三丁目店」(以下、川崎店)だ。片道2車線/両側4車線の大通りから一本入った道路沿いに立地する、平屋建ての店である。ローソンは以下の6つの取り組みによって、2013年度対比で電気使用量40%CO2 排出量55%の削減をめざす。

①弁当、総菜、生鮮食品などを陳列する冷蔵ショーケースヘのガラス扉の設置

②アイスなどを陳列する冷凍平台ショーケースヘのアクリル扉の設置

③ドリンク剤をドリンク用冷蔵ショーケースで販売(ドリンク剤ショーケースの廃止)

④ドリンク用冷蔵ショーケース扉の省エネ化

⑤太陽光発電システムの導入

⑥エネルギーマネージメントシステム(EMS)の導入

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media