クロスMDのベストプラクティスは? 家庭内調理の増加に合わせた最近のトレンドを紹介!

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

クロスMDはカテゴリーの異なる商品について、相乗効果で販促を図るため広く行われてきた。最近は家庭内調理が増えるトレンドに合わせ、よりキメの細かい提案が行われている。最近の事例を紹介する。

多様なメニューを提案する生鮮、日配と調味料

 この1年間は、コロナ禍の影響を受けて、食品への需要は全般的に高い。そのため、売場での目立つ演出に力を入れるよりは、必要な商品を着実に揃えることに注力するチェーンが多かった。

 一方、家庭で過ごす時間が増え、家庭で調理した食事を家族で楽しむケースも増えたため、それに沿った食提案が多様化している。簡便ニーズに対応するほか、海外の料理メニューや、時間がかかる本格メニューなどについても、クロスMDを行うことで提案が強化される傾向にある。

 そうした事例を、この1年ほどの新店から見ていこう。

サミットストア鳩ケ谷駅前店の旬の野菜を展開するコーナー
旬の野菜を展開するコーナーで、たけのこ用の関連商品を展開する/サミットストア鳩ケ谷駅前店

「サミットストア鳩ケ谷駅前店」は、「食と健康」をテーマにした健康コミュニティコーナーを実験導入し、栄養指導や健康相談などを行い、地域貢献に努める店舗としてリニューアルオープンした。旬のたけのこコーナーで、あく抜きに使う米ぬかや、煮物にあしらう木の芽などをクロス展開。実際に調理しようとする人向けに配慮した陳列を行う。

地域でニーズの大きいカツオをコーナー化したイオンスタイル高知
地域でニーズの大きいカツオをコーナー化。食べ方に合った調味料を提案/イオンスタイル高知

 リニューアルオープンした「イオンスタイル高知」では、地域の人々のライフスタイル、ニーズに応じた品揃え、サービスを強化。地域需要の強いカツオコーナーに、刺身、たたきを展開。関連調味料を厚くクロス展開する。

マルエツ船橋三山店の鮮魚コーナー
調味料やオリーブオイルなどを、鮮魚コーナーで幅広く展開/マルエツ船橋三山店

 また、さまざまな新規取り組みを導入した「体験型スーパーマーケットモデル」の第1号店としてオープンした「マルエツ船橋三山店」も、鮮魚の切り身などと併せて、煮魚やアヒージョなど、メニュー提案に沿った関連商品を展開している。

ライフグランシップ大船駅前店の馬刺しコーナー
馬刺しコーナーを導入。多様な素材を揃えるとともに、専用たれをクロス展開/ライフグランシップ大船駅前店

 「ライフグランシップ大船駅前店」は、新コーナーや新商品も積極的に導入。平台で展開する「馬刺し」コーナーでは、食べ方をPOPで紹介するとともに、専用たれを前面に出して訴求する。

イトーヨーカドー新田店の焼き肉コーナー
こだわりのたれ3種類をカップ入りで提案する焼肉コーナー/イトーヨーカドー新田店

「イトーヨーカドー新田店」は、生鮮食品の買い回りに便利な「マルシェゾーン」を展開し、ニーズへの対応を強化。焼肉のセット商品コーナーでは、部位ごとにマッチする生だれをカップ入りで提案し、POPで訴求している。

イオンフードスタイル茨木太田店の地場名店の豆腐をコーナー
地場名店の豆腐をコーナー展開。専用調味料をクロス展開する/イオンフードスタイル茨木太田店

 「イオンフードスタイル茨木太田店」では、自宅での食事ニーズに対応する「鮮度」「ローカル」「健康」にこだわった商品の充実を図る。豆腐売場では地場商品をコーナー化し、専用調味料をクロス展開で提案する。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media