「だけじゃない帝人」はダテじゃない!食品メーカーの顔も持つことを知っているか?

油浅健一
Pocket

帝人の「食事業」が新たなフェーズに突入した。202210月に子会社化した帝人目黒研究所を、機能性食品素材事業で扱うプロバイオティクス製品の開発製造の拠点とし、機能性食品素材事業推進班も「ビオリエ事業部」へ改称。メーカーとしてのポジションを確立し、新たな収益源として、成長を加速させる。

繊維から始まった多角化

バーリーマックス
食物繊維が豊富に含まれる「バーリーマックス®」

 帝人といえば、祖業は繊維メーカー。そこから、化学繊維、医薬品事業、炭素繊維事業と事業を多角化。「未来の社会を支える会社」を長期ビジョンに掲げ、企業として一つの枠に収まらない挑戦を続けている。

 機能性食品素材事業は、そうした方針のもと、ヘルスケア事業とマテリアル事業の人材や知見を活かした新領域として2016年に発進。オーストラリア連邦科学産業研究機構が開発した大麦「バーリーマックス®」の試験販売からスタートしている。

 繊維や樹脂はもちろん、医薬からITまで、帝人がカバーする事業ドメインの範囲は多岐にわたるが、「食」は未知の領域。起案者でもある、帝人ビオリエ事業部長の北薗英一氏は、「新たな技術を求めて世界を巡回している中で、当時、シリコンバレーで食が注目されつつある予兆を感じた。そこで帰国後の2013年、3つの案を提示したが、最後に示したのが食だった」と振り返る。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media