中国PPI、5月は製造業軟調で伸び鈍化 CPIは加速

2019/06/12 18:00
ロイター

江蘇省にある工場
6月12日、中国国家統計局が12日発表した5月の生産者物価指数(PPI)は、軟調なコモディティー(商品)需要や製造業の業況低迷を背景に前月から伸びが鈍化した。写真は5月江蘇省にある工場で撮影(2019年 ロイター)

[北京 12日 ロイター] – 中国国家統計局が12日発表した5月の生産者物価指数(PPI)は、軟調なコモディティー(商品)需要や製造業の業況低迷を背景に前月から伸びが鈍化した。

一方、消費者物価指数(CPI)は、豚肉や果物の価格が大幅上昇し、過去1年余りで最も高い伸びとなった。

PPIは前年同月比0.6%上昇し、前月の0.9%から伸びが鈍化。市場予想とは一致した。

PPIの減速は5月の製造業の業況低迷に一致する結果となった。5月は石油・天然ガス生産、石炭処理、鉄金属などの価格上昇が鈍化した。

5月のCPIは前年同月比2.7%上昇で市場予想と一致し、2018年2月以来の高い伸びとなった。アフリカ豚コレラの感染拡大を受けて豚肉の供給減少が続いていることが影響した。

食品価格は前年比7.7%上昇し、4月の6.1%から伸びが加速した。

生鮮果物も前年比26.7%急騰。主要産地が悪天候に見舞われたことに加え、米中貿易摩擦が激化するなか代替の供給源を確保することが難しくなった。

CPIは前月比では変わらずとなった。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media