エディー・バウアー異例のスピード再上陸!“仕掛け人”水甚社長が描くブランドイメージ大転換

2022/12/01 05:55
    堀尾大悟
    Pocket

    202112月に日本から撤退した、米国アウトドアブランド「エディー・バウアー」。その記憶もまだ残る中、早くも今年8月、「2023年春夏シーズンより国内での本格展開を開始」とのニュースがアパレル業界を驚かせた。

    その再始動の“仕掛け人”は、岐阜県岐阜市に本社を置く「水甚」。会社名こそ初めて聞く人も多いかもしれないが、「ファーストダウン」「アーノルド・パーマー」などのブランドを日本国内で展開する、陰の実力アパレルメーカーだ。今回、異例のスピードで日本再上陸を果たしたその舞台裏と戦略を、中村好成社長と中村有孝取締役に聞いた。

    本国撤退の報を聞き、真っ先に名乗りを上げる

    水甚社長
    中村好成社長

     あのエディー・バウアーが日本から撤退……その報せに複雑な思いを抱いた4050代のファンも多かったことだろう。1994年の自由が丘店からスタートし、国内に56店舗を展開した同ブランドは「一部対象商品を5500円で販売」などの売り切りセールを実施。昨年12月末、27年の歴史に幕を下ろした。

     しかし、そのエディー・バウアーは驚くべきスピードで再び日本に戻ってくることとなった。20228月、水甚が同ブランドを2023年春夏シーズンより国内で展開することを発表したのだ。

     この異例ともいえる「スピード再上陸劇」までの経緯を振り返っておきたい。まず、経営難に陥っていた米国エディー・バウアーを、20215月にブランド管理会社「オーセンティック・ブランズ・グループ(ABG)」が買収。同ブランドはABGの管理下に置かれることになる。

     その後、エディー・バウアーの日本法人「エディー・バウアー・ジャパン」が日本から撤退すると報じられる。その情報を聞きつけ、ライセンス権獲得に真っ先に名乗りを上げたのが水甚だ。ブランドビジネスに強みを持つ伊藤忠商事を頼り、ABGと交渉。結果、ABGと伊藤忠がマスターライセンス契約を締結し、さらに伊藤忠と水甚がサブライセンス契約を結ぶスキームで合意した。

     「ABGと太いパイプを持つ伊藤忠がサポートについてくれたことで、交渉はスムーズに進んだ」。エディー・バウアー再上陸の“仕掛け人”である中村好成社長はこう語る。

     ちなみにABGといえば、「ブルックスブラザーズ」「バーニーズ・ニューヨーク」、同様に再上陸を発表したばかりの「フォーエバー21」などのブランド管理会社でもある。

    1 2 3 4

    人気記事ランキング

    © 2024 by Diamond Retail Media

    興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
    DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

    ジャンル
    業態