増収黒字転換のJ.フロント、23年2月期は守りから攻めへギアチェンジ 巨額の投資戦略とは

西岡克
Pocket

J.フロント リテイリングの好本達也社長は2022年2月期の連結業績が増収・黒字転換したことを受け、「今期(2023年2月期)は守りから攻めへとギアチェンジし、投資額も前期(2022年2月期)の126億円から今期は344億円へと拡大。とくに百貨店やパルコ、デジタルへの投資を増やす」と述べ、攻めの経営に転じる考えを明らかにした。また同社が中期経営計画(中計)で掲げている23年度に営業利益を403億円に増やす目標に変更はないと語った。

決算説明会で語るJ.フロント リテイリングの好本達也社長

22年2月期は増収で最終黒字に転換

 2022年4月に開催された決算説明会の席上で、好本社長は「これまでは想定以上のコロナ禍の長期化で投資も抑制し、守りを固めてきたが、中計2年目(=23年2月期)は完全復活と再成長に向けギアチェンジする」と語り、店舗開発や売場改装投資に218億円を振り向けることを明らかにした。この半分程度はデベロッパー事業への投資だが、百貨店事業は前期の31億円から今期は75億円へと約2.4倍に、パルコは19億円から34億円に拡大する。デジタル関連投資はグループ全体で43億円から78億円へと増やす。4月12日に開いた決算説明会で示した。

 同社の業績はコロナによる休業などの影響で赤字転落した21年2月期に比べ大幅に好転した。22年2月期決算(国際会計基準)は、売上収益3314億円(対前期比3.9%増)、事業利益117億円(同495,1%増)、営業利益93億円(前期は242億円の赤字)、当期利益43億円(同261億円の赤字)と増収増益で、営業利益と最終損益は黒字に転換した。なお一般的な小売業の売上高に相当する総額売上高は8752億円(同13.8%増)だった。

 コロナ第6波が今年1月に広がるまでの昨年の業績は順調に回復。百貨店、SC事業(主にパルコ各店)など全セグメントが増収に転じた。セグメント利益こそ百貨店事業は45億円の赤字だが、日本基準の営業利益に当たる事業利益は17億円の黒字に転換。セグメント利益はSC事業が20億円に黒字転換、デベロッパー事業は47億円、決済・金融事業(JFRカード)は19億円だった。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態