ダイヤモンド・チェーンストア 2020年5月15日号『コロナショック! アメリカ小売業大全2020』

2020/05/15 00:00

ダイヤモンド・チェーンストア5月15日号の特集は、
「コロナショック! アメリカ小売業大全2020」をお届けします。

依然として世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。世界最大の規模を有する米国小売市場においても、その影響が着実に顕在化しつつあります。日本と同様、買いだめ需要を取り込むかたちで食品小売やドラッグストアは軒並み“特需”にわいている一方、衣料品や宝飾品、雑貨など不要不急の商品群を扱うアパレルや百貨店はもともとの業績が低迷していたところに新型コロナがだめ押しの一発。大手企業でも破産申請、もしくはそれに向けた準備を進める動きが連日メディアで報じられるなど混沌とした状況を迎えています。
コロナウイルスの影響は今後どれくらい続くのか、そしてその後の「アフターコロナ」の局面では市場の勢力図にどのような変化が生まれるのか──。毎年この時期にお届けしている米国小売特集ですが、今回は少し装いの異なる内容となりました。詳しい内容は上記表紙写真左下にある「目次を見る」をクリックしてご確認ください。

このほか、不定期連載「専門店フォーカス」では、大阪府に本部を置き、関西・関東・東海エリアで総菜チェーンを展開する千惣(ちそう)を取材。健康的な「家庭料理」を追求することで強い集客力を発揮している同社の企業戦略をつまびらかにします。

新型コロナウイルスの完全終息の見通しは立たず、先行きが不透明な情勢です。そんなときだからこそ、ダイヤモンド・チェーンストアは小売関係者の皆さまにさまざまなヒントをご提供できるよう努めてまいります。引き続きご愛顧のほど、何卒宜しくお願い致します。

 

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media