アルペン EC旗艦倉庫「中京フルフィルメントセンター」を愛知県に開設

Pocket

アルペン「中京フルフィルメントセンター」完成イメージ
(アルペン ニュースリリースより)

 アルペン(愛知県)は新たな物流戦略の一環として、愛知県稲沢市にEC旗艦倉庫「中京フルフィルメントセンター(以下、中京 FC)」を2024年春に開設する。

 同社は、幅広いカテゴリーの商品を迅速かつ効率的に供給するため、物流網の整備と物流システムの再構築を図るための新物流戦略を進めており、この戦略では「店舗までの供給リードタイムの短縮」、「梱包方法の改善による店舗品出しの効率化」、「出荷物量コントロールによる庫内作業人数および配送の最適化」、「ECのサービスレベルの向上」の実現を目指している。

 特に「ECサービスレベルの向上」では、ビジネスの成長に応じた段階的な自動化と省人化への投資が必要であると考え、2018年にはEC物流拠点である「東日本フルフィルメントセンター」(千葉県印西市)を開設。今回の中京 FC は、中京エリア初の自社EC専用倉庫となる。

 愛知県にEC倉庫を開設することで、西日本エリアへのリードタイム短縮や愛知県にあるディストリビューションセンター(在庫型物流センター)との連携を通じて、取り扱いアイテムの拡大と在庫高のコントロールを実現させる。また、延べ床面積10,000坪の広さを確保することで、EC商品の撮影スペースを拡張し、商品の販売サイトへの迅速な登録が可能となる。

 さらに、物流DXの推進として、「東日本フルフィルメントセンター」で導入している自動搬送ロボット「EVEシリーズ/P800R」を中京FCにも導入し、生産性の向上や出荷リードタイムの短縮を図るという。

■拠点概要
名称:アルペン中京フルフィルメントセンター(丸徳産業株式会社 堀之内物流センター内)
所在地:愛知県稲沢市堀之内町流 1 番1
延床面積:33604.90 ㎡(約 10,165.48 坪)
建物階数:地上3階建
竣工式:2024 年 2 月 14 日 丸徳産業株式会社(本社:愛知県稲沢市)で挙行

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態