AOKI 「ORIHICA」全店で RFIDシステムを導入、レジの待ち時間を短縮

Pocket

アオキ「オリヒカ」で導入したRFIDシステムのスキーム
(AOKI ニュースリリースより)

 AOKI(神奈川県)が展開する「ORIHICA(オリヒカ)」は1月25日、半導体やICなど各種モジュールを扱いテクニカルサポートを行う高千穂交易(東京都)が提供するJohnson Controls社製のRFIDシステムを全店で導入したことを明らかにした。

 これにより、レジの待ち時間短縮や検品作業、棚卸などの業務効率化が期待される。

 近年、物流業や小売業では人手不足が深刻化し、IoT技術やデータ活用による業務効率化が求められており、AOKIは電波を用いて商品データを一括で読み取れるRFIDシステムを導入することで、レジの待ち時間短縮や検品、棚卸業務といった店舗業務の効率化を図り、接客時間の確保につなげるという。

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態