“第二の柱”が増収に貢献! 多角化に向かうAOKIホールディングスの針路

棚橋 慶次
Pocket

AOKIホールディングス(神奈川県/青木 彰宏社長)が5月12日に発表した2022年3月期連結決算は、売上高が1549億円(対前期比8.2%増/前期から117億円増)、営業利益が54億円(前期は57億円の赤字)、当期純利益25億円(前期は119億円の赤字)で、連結全体では4期ぶりの増収増益を果たした。

AOKI

エンターテイメント事業が増収に寄与

 新型コロナウイルスの猛威は変異株の流行を伴いつつ、前年に比べれば徐々に落ち着きを見せ始めてきた。小売業界も濃淡を伴いつつ全般的には上向き傾向だが、コロナ禍前の水準には戻っていない。

 AOKIホールディングスの2021年業績も、2021年3月期の最悪期からは抜け出すことができた。ただしコロナ禍前の19年3月期と比べると、売上高は79.4%、営業利益は40.3%の水準にとどまっている。

 セグメント別には、「ファッション事業」が前期から33億円増、同3.8%増の伸びにとどまった一方で、「エンターテイメント事業」が同85億円増、同17.5%増と高い伸びを示し、増収に大きく寄与した。店舗展開でも、ファッション事業で店舗数を628店から610店に絞り営業効率を高める一方で、エンターテイメント事業は659店舗から708店舗へと拡大中だ。

 ここで改めて、同社の各事業の概要について触れておく。ファッション事業はAOKIの祖業であるスーツビジネスを礎としており、ロードサイドチェーン「AOKI」のほか、若年世代向けの「ORIHICA」やビッグサイズの「Size MAX」などの業態を展開している。

 エンターテイメント事業では、複合カフェの「快活CLUB」、カラオケボックスの「コートダジュール」、24時間営業フィットネスジムの「FiT24」を展開する。このほかにもAOKIホールディングスでは、ウェディングの「アニヴェルセル・ブライダル事業」なども展開するなど多角化を進めている。

今期も増収増益を計画!

 23年3月期の業績予想では、売上高が同7.2%増/同111億円増の1661億円、営業利益が同41.5%増/同22億円増の77億円、当期純利益が同26.8%増/同6億円の32億円を見込む。

 素材価格の高騰や変種株のまん延など不透明要因が懸念される中、ウイズコロナの生活スタイルにマッチした商品・サービスの提供を通じ、ファッション(同1.5%増)・アニヴェルセル・ブライダル(同13.5%増)・エンターテイメント(同15.2%増)のすべてで増収をめざす計画だ。

 主力のファッション事業では、ビジネスに加えて女性向けやカジュアル商品の拡充を図る。アニヴェルセル・ブライダル事業では、アフターコロナにおけるウエディングイベントの復活に対応する。成長著しいエンターテインメント事業では、ビジネス需要の取り込みに向けたサービスの拡充をめざす。

 2期連続の増収増益をめざすものの、今期の業績予想を達成したとしてもコロナ禍前の19年3月期の水準にはまだ届かない。エンターテイメント事業が伸びているものの、ファッション事業の落ち込みをカバーするまでには至っていない。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media