東武鉄道 「草加ヴァリエ VARIE1」第Ⅰ期エリア10月26日リニューアルオープン

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

東武鉄道「草加ヴァリエ VARIE1」第1期エリアのイメージ

 東武鉄道(東京都)は10月26日、商業施設「草加ヴァリエ VARIE1」(埼玉県草加市)の第Ⅰ期エリアをリニューアルオープンする。

 同施設は、食品の専門店が集積する「VARIE1」とファッション・雑貨の専門店が集積する「VARIE2」で構成されており、地域密着の商業施設として開業28年目を迎える。

 今回の「VARIE1」リニューアルでは、食品地域一番店の確立を目指し、駅利用者や地域住民が気軽に食事ができる店舗を揃えた。

 「Daily Table KINOKUNIYA(デイリーテーブル紀ノ国屋)」は埼玉県初出店、ベーカリー「ポンパドウル」は草加市初出店となる。

 青果「澤光青果」・鮮魚「魚力」・精肉「ニュー・クイック」は引き続き出店する。

「Daily Table KINOKUNIYA」と「澤光青果」、「魚力」、「ニュー・クイック」の4店舗は、商品を一度に精算できる共通レジを導入した。

 さらに、ミニカートを導入し、買い回り・利便性向上を目指す。

 2025年の「VARIE1」リニューアルグランドオープンに向け、第Ⅱ期エリア・第Ⅲ期エリアの計画を検討しているという。

■VARIE1 第Ⅰ期エリア 計画概要
開業日:10月26日
所在地:埼玉県草加市高砂2-5-25(東武スカイツリーライン 草加駅直結)
延床面積:約3537㎡
構造・規模:鉄骨造 地上1階(一部2階建)
設計会社:オー・エヌ・オー大野設計
施工会社:東武谷内田建設
店舗数:20店舗 ※ポップアップ店舗、ATMを除く

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態