景気動向指数、1.1ポイント低下=7月

時事通信社
Pocket

都内の道を行き交う人々
内閣府が7日発表した7月の景気動向指数(2020年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が114.5と、前月比1.1ポイント低下した。(i-stock/dk1234)

 内閣府が7日発表した7月の景気動向指数(2020年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が114.5と、前月比1.1ポイント低下した。普通乗用車など自動車の出荷が減少したことが響き、6カ月ぶりに悪化した。基調判断は「改善を示している」に据え置いた。 

 半導体製造装置の出荷や生産、ショベルカーなどの出荷が減少したことも指数の低下につながった。一方、輸出は米国や欧州連合(EU)、中国をはじめとするアジア向けがいずれも改善した。

 数カ月先の景気を示す先行指数は1.2ポイント低下の107.6で、2カ月連続の悪化。普通乗用車などの在庫増加や、新規住宅着工の低迷が影響した。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態