イオンモール 移動販売車と出店場所を貸し出す新規事業にリクルートの「Airレジ」「Airペイ」「Airペイ QR」導入

Pocket

「Airレジ」「AirペイQR」導入イメージと「FULALI KYOBASHI」にて使用中の移動販売車

 イオンモール(千葉県)は8月8日、大阪府大阪市「FULALI KYOBASHI」にリクルート(東京都)の決済サービス「Airレジ」と「Airペイ」、オプションサービスの「Airペイ QR」を導入した。

 大阪府大阪市の「FULALI KYOBASHI」は、敷地面積約1万4,800㎡に移動販売車や屋台が11店舗並び、鉄板焼きからスイーツまで幅広いジャンルが楽しめる。

 これは移動販売車と出店場所を貸し出すイオンモールの新規事業の一環としての取り組み。

 近年テイクアウトできる業態が注目されており、移動販売のニーズも高まっている。

 移動販売車のオーナーが店づくりやメニュー開発などに注力するために、デジタルツールによる会計処理や売り上げ管理などの業務効率化は有効だ。

 「Airレジ」、「Airペイ」は2023年3月時点でアカウント数それぞれ73.5万と39.4万となっているという。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態