2018/09/21

【訪日外国人客】8月は4.1%増、年間累計で2000万人超え

 日本政府観光局が発表した8月の訪日外国人客数は、前年同月比4.1%増の257万7800人だった。6月に発生した大阪府北部の地震や7月の豪雨の影響で、前月に続いて伸び率は鈍かった。ただ、8月としては過去最高を記録、1月からの累計では前年同期比12.6%増の2130万人となり、これまでで最も速いペースで2000万人を超えた。

 国・地域別ではイタリアとスペインが単月として過去最高を記録、中国、台湾、香港など16ヵ国・地域が8月として過去最高を更新した。

 なお、9月は台風21号や北海道胆振東部地震など災害が相次いだため、訪日客数の伸びがさらに鈍る可能性がある。