【特別レポート提供】データ分析の高度化で実現するアナリティクス経営
グローバル・リテール先進企業の実践的アプローチ

2019/09/17 16:02
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

sas業務改善イメージ

 流通業界のさまざまな業務活動において、需要予測を取り入れることが不可欠となりつつある。なぜなら、需要予測を活用することで、物流や店舗、本部の経営部門や商品部門における業務課題の解決、業務効率化、コスト削減、売上向上などが見込めるからだ。

 身近なところでは、近年、店舗経営において人手不足が深刻化しているが、需要予測により、店舗オペレーションの効率化を図ることができる。たとえば、需要予測型自動発注のソリューションを導入することで、欠品防止や在庫削減、品出し回数の削減、従業員配置・シフトの最適化が可能になる。

 需要予測への関心が高まる中、需要予測を起点とした“Analytics経営”の実現を標榜するSAS Institute JAPAN(以下、SAS)に注目が集まっている。SASは、人口知能(AI)の技術を融合し、需要予測から在庫適正化まで一連の機能を強化したソリューションを提供している。現在、世界で約7000社、うち流通企業と一般消費財(CPG:consumer packagedgoods)メーカー800社にソリューションを提供しており、導入企業の効率改善をサポートしている。

 今回の特別レポートでは、SASの高精度需要予測に基づくサプライチェーンの自動化・最適化の特徴をわかりやすく解説。「サプライチェーン」「マーチャンダイジング」「店頭オペレーション」の場面において、SASのソリューションを活用し、業務最適化に取り組む国内外の小売業やCPGメーカーの事例を紹介している。

 レポートの最後には、長年にわたり国内外の流通業の課題解決を支援してきたノウハウとナレッジを駆使し、短期間・低費用で需要予測の精度を検証できる「需要予測クイック診断サービス」を紹介している。貴社の「今あるデータ」で需要予測&診断が可能であり、新たなMD施策や店舗オペレーション改革のきっかけにしていただきたい。

特別レポート

Sas特別レポート
読みやすい11ページの小冊子

・流通業界向けソリューションの紹介
・活用事例の紹介①サプライチェーン
・活用事例の紹介②マーチャンダイジング
・活用事例の紹介③店舗オペレーション
・需要予測クイック診断サービスの案内

特別レポートのダウンロードは終了しました

※特別レポートをご覧になられる方は、入力フォームにご記入の上、レポートをダウンロードしてください。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media