ローソン、冷蔵庫・冷凍庫を完全ノンフロン化した店舗、慶大・湘南藤沢キャンパスに

2019/09/24 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ローソン
写真は別店舗

 ローソンは9月23日、店内で使用する全ての冷蔵庫・冷凍庫を完全ノンフロン化した環境配慮型店舗を神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)内にオープンした。冷蔵・冷凍機の触媒をノンフロン化した店舗は同社で初めて。地球温暖化の抑制だけでなく、省エネルギー効果を期待できる。

 同店では、スーパーバイザー(巡回指導員)が使用する社有車を電気自動車(EV)とし、店舗訪問時にEV専用充放電器に接続することで電力を融通し、店舗の電力の一部として使用する。また、店内の要冷ケースや空調機、LED照明、蓄電池、EV専用充放電器などをIoT化し、外部から自動で節電制御できるようにした。

 ローソンは2016年度から慶大SFC研究所と共に、節電・制御を通じて電力源を創出する仮想発電所(VPP)の取り組みを進めており、現在、約250店舗で、LED照明や空調機などの外部からの一括節電制御と需給調整を行っている。

 ローソン慶應義塾大学SFC店の営業時間は、月〜土曜日の午前8時から午後9時。大学内に設置された店舗のため、大学関係者やキャンパスへの入構を許可された人以外は利用できない。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media