「オオゼキ」はなぜ選ばれる? 年商目標40億円のオオゼキ松原店に見る強さの秘密

2019/04/18 00:00
『ダイヤモンド・チェーンストア』副編集長 雪元史章

東京都を中心に食品スーパーを展開するオオゼキ(東京都/石原坂寿美江会長兼社長)は4月12日、東京都世田谷区の「オオゼキ松原店」をリニューアルオープンした。年商40億円をめざす旗艦店の位置づけだ。オープン2日前に開催された「お披露目会」に本誌は招かれ、“オオゼキらしさ”を随所で垣間見た。

松原店の店内の様子
松原店の店内の様子

 

年商目標40億円!
創業の地で大規模改装

 どこか長閑な2両編成の東急世田谷線「松原」駅を下車してすぐ、閑静な住宅街の一角に松原店はある。

 実はこの店、オオゼキにとって特別な意味を持つ店舗である。というのも、同社の創業者である佐藤達雄氏が昭和30年代前半に、この地でオオゼキの源流である乾物店を開業したからだ。その後、生鮮を導入して食品スーパーに姿を変え、今ではオオゼキ全体でも3本の指に入る繁盛店となっている。

 地域で絶大な支持を集めていた松原店だが、2018年4月に改装のため閉店。約1年間を費やしてスクラップ&ビルドのかたちでリニューアルオープンにこぎつけた。売場面積は約1000㎡、年商目標は40億円をめざすというから、並々ならぬ力の入った店であることが伺い知れる。

 

社長とお客が記念撮影!?
オオゼキならではの“距離感”

お披露目会では職人握りたての寿司も振る舞われた
お披露目会では職人握りたての寿司も振る舞われた

 オープンの2日前にあたる4月10日、小雨が降りしきる中、松原店で「お披露目会」が開催された。招待されたのは、取引先のメーカー関係者や常連客など百名以上。店内では職人がその場で握った寿司が振る舞われたほか、有名なイタリアンレストランのシェフによるパスタの実演調理イベント、ワインの試飲や神戸牛の試食などが行われ、熱気に溢れていた。

 悪天候にもかかわらず多くの人でごった返す店内は、さながらお祭り状態。しかし一般的な新店のオープニングイベントと異なるのは、売場のいたる所で従業員と常連客が楽しそうに会話している様子だった。なかには、オオゼキの石原坂寿美江会長兼社長と記念撮影をしているお客までいた。野暮な話かもしれないが、1000億円に迫らんとする売上規模を誇る食品スーパー企業の代表が、売場を動き回りながら常連客との会話を楽しみ、撮影にも応じるという様子はなかなか見ない光景だろう(ちなみに石原坂会長兼社長はメディアには一切登場しないことで知られる)。

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media