“経験とカン”から脱却し、高精度な需要予測を活用! 「AI需要予測発注システム」が実現する新しい価値とは

2022/03/31 16:06
Pocket

メインイメージ

「AI需要予測発注システム」で働き方改革を実現
店舗作業の効率化、食品ロス削減にも貢献

コロナ禍において、小売業は巣籠り需要拡大や非対面での買い物体験に対応するためECの拡充を急いだ小売業も少なくない。さらにリアル店舗に加えてオンラインでも消費者とのタッチポイントが増えたことで、小売業がタイムリーに情報を発信し、快適な買い物体験を提供することが求められている。消費者のデジタルシフトは小売経営にDX導入という大きな変化をもたらしている。

急速に消費者の購買スタイルが変化する中で、リアル店舗でもECにおいても、正確な需要予測とそれに基づく正確な発注、適正在庫の確保は事業継続に欠かせない。それができなければ販売の機会損失や廃棄ロス、過剰在庫を招いて業務効率は悪化してしまうだろう。しかし従来は、本部のマーケッターの“経験とカン”に頼ってきた小売業も多い。一方で、消費者のニーズに的確に対応するため、需要予測システムを導入した企業も少なくない。

富士通は小売業の経営効率化をサポートするため「AI需要予測発注システム」をリリースした。この「AI需要予測発注システム」はAIを活用し様々なデータを学習することで予測の精度を高め、最適化するのが特長だ。同システムの特長や導入メリットを「リテールテックJAPAN2022 Online」のブースにて、一般社団法人リテールAI研究会テクノロジーアドバイザー 今村修一郎氏をモデレーターとして、富士通リテール事業本部第二リテール事業部第一システム部 桝田武氏、同社DXプラットフォーム事業本部データプラットフォーム事業部 阿部亮介氏が説明した。

今回はこの動画をまとめた特別レポートをご提供する。富士通の需要予測の強みである「AIテクノロジー」「フィールド力」「共創」についてわかりやすく解説している。富士通はDXパートナーとして、小売業のDX推進/改革に向けて取り組んでいる。是非ともレポートをご覧いただき、需要予測への理解を深めるとともに、貴社の業務効率化のきっかけにしていただきたい。

レポートのダウンロードはこちら

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media