コロナ禍の需要急増を出荷キャパ拡大で乗り切ったオイシックス、21年度上期大幅増収増益 通期の新たな取り組みは?

2020/11/19 05:59
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

オイシックス・ラ・大地(東京都/高島宏平社長:以下オイシックス)は11月12日、2021年度3月期第2四半期決算説明会を行った。新型コロナウイルス(コロナ)による巣ごもり、宅配需要の増加によって、高い伸び率での増収増益となった。

オイシックスラ大地
約8億円を調達し、調達・宅配物流を効率化する

営業利益441%、コロナによる追い風で躍進

 オイシックスの21年3月期第2四半期連結決算は、売上高475億6000万円(対前年同期比146%)、営業利益39億7000万円(同441%)、純利益24億5000万円(同628%)で、大幅な増収増益となった。第1四半期に引き続き、コロナによる宅配需要増加の恩恵を受けたかたちだ。売上高増加分(対前年同期)約150億円の内訳は、ARPU(会員一人あたりの平均売上高)増加の影響分が約66億円、会員数増加の影響分が約35億円、そのほかの事業での売上増加が約49億円となっている。

 事業別では、オイシックスが売上高230億4000万円(同140%)、大地を守る会が70億9000万円(同138%)、らでぃっしゅぼーやが90億8000万円(同122%)となった。オイシックスは、1Qに出荷キャパシティが逼迫し新規会員獲得を中止していたが、2Qでは再開、会員数は主要3事業あわせて約2万人増加した。平均ARPUは3事業いずれも同120%前後で、これはコロナによる全体的な需要増に加え、例年8月に低下するARPUが、帰省や旅行の自粛によって減少幅が抑えられたことによるとみられる。海外事業では、19年4月に子会社化したアメリカのビーガン向けミールキットブランド「パープルキャロット(Purple Carrot)」が、初めて黒字化した1Qに引き続いて約41億円の増収となった。

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media