週刊スーパーマーケットニュース 原信、ナルスが「がんばろう!日本」で産地支援

2020/04/10 09:30
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

1週間のスーパーマーケットに関するニュースをまとめた『週刊スーパーマーケットニュース』。「がんばろう!日本」をテーマに、原信とナルスが新型コロナウイルスで苦慮する産地などに対し、販路拡大のための売場を提供するという。取扱商品や期間が限定的かもしれないが、顧客が目にする機会の少ない商品も売場に並びそうだ。売上に貢献するかどうかは未知数とはいえ、「がんばろう!日本」に共感する顧客は多いだろう(4月3日から9日までのニュースをまとめました)。

原信下飯野店

カスミ
今夏の「ネイチャーキッズ特派員」を募集

 WWF(世界自然保護基金)ジャパンとの共同企画「ネイチャーキッズ特派員」の実施にあたり、小学校の高学年生を対象に「大切にしたい!自然と生き物」をテーマとする作文を募集し、選ばれた8名を宮城県南三陸の自然体験ツアーに招待する。ネイチャーキッズ特派員事業は今年で19回目となり、これまで168名の児童を特派員として各地に派遣してきた。同社は、2000年から始めたWWFへの募金活動に加え、次世代を担う子供たちに環境教育の場を提供・支援する活動として、自然体験ツアーを2002年から毎年実施している。作文の応募締切は5月31日。体験ツアーは8月18日から4日間の予定。

原信/ナルス
「がんばろう!日本」販路拡大の場を提供して支援

 原信、ナルスでは、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で困っている産地、市場、業務用卸、観光物産メーカーなどに対し、販路拡大のための支援を行う。全店舗または限定店舗での販売や、期間限定での販売を行えるようにする。窓口は、原信ナルスオペレーションサービス㈱商品本部(0258-66-6500)。担当バイヤーが随時商談に応じる。

サミット①
すべてのレジでスマホ決済が可能に

 昨年9月から導入していたスマホ決済サービスの対象レジを拡大。4月4日より全店舗のすべてのレジで決済が可能となった。今回のサービス対象レジ拡大に合わせて、グループの衣料チェーン「コルモピア」のすべてのレジでも、サミット同様に9種類のスマホ決済が利用できるようになった。対象レジの拡大は、SCSK(東京都江東区)、ネットスターズ(東京都中央区)の協力のもとに進められた。
*対応ペイメント
 PayPay、LINE Pay、メルペイ、Alipay、We Chat Pay、d払い、au PAY、J-Coin Pay、ゆうちょPay

サミット②
新店のオープンを延期

4月18日に横浜市中区に「サミットストア桜木町コレットマーレ店」の開店を予定していたが、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の発令にともない、開店日を延長する。安心して買物ができる環境が整い次第、オープンする予定。

コープみらい
小学校284校にランドセルカバーを寄贈

 地域の子供たちの安全を守る社会貢献活動の一環として、千葉県・埼玉県・東京都の事業エリアにある小学校284校に、「交通安全ランドセルカバー」2万3,515枚を寄贈した。コープみらいは、2011年から新一年生向けにランドセルカバーを寄贈していて、2016年度からは、ランドセルカバーに加え、希望する小学校と自治体向けに横断旗も寄贈。2020年度は237校に748本寄贈した。

ライフコーポレーション
畜産品加工の堺プロセスセンターが本格稼働

 ライフコーポレーションでは畜産加工品は畜産品加工の堺プロセスセンターを本格稼働させた。
これまで、「ライフ南港プロセスセンター」から供給していたが、旧「ライフ堺低温物流センター」を改修し、南港プロセスセンターの機能を移設。約1.5倍に拡大した「堺プロセスセンター」は、畜産に特化したプロセスセンターとして、4月からフル稼働した。

  • 所在地・・・・・大阪府堺市堺区築港八幡町1-39
  • 敷地面積・・・4,124坪

マックスバリュ九州
「ザ・ビッグ唐津店」オープン

 4月17日、2015年にオープンした「マックスバリュ唐津店」を「ザ・ビッグ唐津店」に変更して再開する。ディスカウントストア業態の店舗としては24店舗目。「買えば買うほど安さがわかります」をコンセプトに、日々必要な商品を「エブリデー・ロープライス」で、24時間営業で提供する。

  • 所在地・・・・・佐賀県唐津市和多田西山1-3
  • 売場面積・・・572坪
  • 駐車台数・・・279台
  • 従業員数・・・約70名

ダイエー
「イオンフードスタイル相模原店」オープン

 事業領域エリア(首都圏・京阪神)の拡大を目的に、「おいしく食べて“ココロとカラダ”健康に」をコンセプトとする業態「イオンフードスタイル」の新規出店と店舗活性化を進める同社が、4月29日、「イオンフードスタイル相模原店」をオープンする。2016年11月に営業を終了した「ダイエー相模原店」の跡地に建設された、15階建て新築マンション1階への出店となる。

  • 所在地・・・・・神奈川県相模原市中央区相模原3-9-1
  • 売場面積・・・293坪

さとう
「フレッシュバザール亀岡店」新装オープン

 品揃え、価格、店舗内装、設備機器一部などを見直し、4月9日に新装オープン。「フレッシュバザール」は、野菜・果物・魚・肉などの生鮮食品から調味料・乾物類・日用品まで、日常生活に欠かせない商品を「エブリデー・ロープライス」のコンセプトのもと、買得価格で取り揃える「便利でお買得なスーパーマーケット」。新装オープンで、これまで以上に「安心品質」と「安心価格」の商品を提供し、顧客に「一層豊かで楽しく健康的な食生活」を提案していく。

  • 所在地・・・・・京都府亀岡市大井町並河坂井
  • 売場面積・・・258坪
  • 駐車台数・・・99台
  • 従業員数・・・社員6名、パート・アルバイト43名(8時間換算/日)

ライフコーポレーション
近畿圏、首都圏で新商品続々

首都圏で「小麦の郷に“クロワッサン”」「具沢山のタルタルチキン南蛮」

ライフコーポレーションでは首都圏限定で、素材・製法にこだわり、外はサクサク、中はふんわり、ひと口食べるとバターの風味が広がるクロワッサンを“小麦の郷”がある店舗で発売。税抜168円。ほんのり塩味が効いていて、軽くトーストすれば、さらにサクッとした食感を楽しめる。
 同様に首都圏限定で、総菜売場の人気商品「チキン南蛮」をリニューアル。今回の「具沢山タルタルチキン南蛮」は、さらに素材や製法にこだわり、2種のオリジナルソースを使用。本場・九州の味を再現した。1枚入り398円(税抜)、ハーフ238円(同)。

近畿圏では「ライフプレミアム長崎かすてら」『アメリカ産豚肉ロース「極」うす切り』

 ライフコーポレーションでは近畿圏限定で、PBの「ライフプレミアム」から「長崎かすてら」を新発売した。かすてら専用卵を豊富に使い、高級砂糖「阿波和三盆糖」も使用。しっとりとした生地には、食感のアクセントとなる「ザラメ糖」を加えた。膨張剤や着色料などの添加物は一切使用していない。10切入498円(税抜)。
同様に近畿圏限定で、日々の料理に重宝する『アメリカ産豚肉ロース「極」うす切り』を新発売。肉のおいしさを最大限に引き出すために、厚さ約1.2mmまで薄くし、ふわっとした柔らかな食感を楽しめるようにした。100g・税抜128円。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media