コープさっぽろ 北海道ロジサービスが「物流構造改革表彰」を受賞

Pocket

北海道ロジサービス
北海道ロジサービス(コープさっぽろ ニュースリリースより)

 生活協同組合コープさっぽろ(北海道)の関連会社である北海道ロジサービス(北海道:以下、HLS)は12月18日、令和5年度「物流パートナーシップ優良事業者」として、「物流構造改革表彰」を受賞した。

 HLSは、運送協力会社約20社と連携し、「物流2024年問題」「労働力不足」「コストの上昇」「環境負荷軽減」などの輸配送に関する物流課題に取り組み、「カテゴリー集約配送・他企業との共同配送、配車統合と拠点の共同化」を推進。2019年から2022年の4年間の取組みにより、1日あたり29台のトラックと関係車両全体のCO₂排出量を約10%削減。また、トラックドライバーの拘束時間を年間54,000時間削減するなど、車両台数の削減・ドライバー労務時間の削減・CO2削減(低炭素)の効果を実現したことが評価された。

 同社は今後、2030年までに会社全体でCO₂排出量30%削減を目標とするとともに、カーボンニュートラルを目指し、低酸素車両などのハード面でも検討を進めていくとしている。

北海道ロジサービスの取り組み
(コープさっぽろ ニュースリリースより)

■北海道ロジサービス 会社概要
社名:北海道ロジサービス株式会社
事業開始日: 2013年4月1日
資本金: 8,500万円
株主: コープトレーディング株式会社(100%)
代表者: 代表取締役社長 岩藤正和
従業員数: 約1,700名(2023年6月現在)
売上高: 2022年 134億円
敷地面積: 20,000坪
車両入場数: 1日約700台

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態