京王電鉄 新複合施設「京王多摩境駅前ビル」2023年冬オープン

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「京王多摩境駅前ビル」完成イメージ

 京王電鉄 (東京都)は9月27日、京王相模原線多摩境駅前にて開発を進めている新複合施設「京王多摩境駅前ビル」(東京都町田市)を2023年冬に開業すると発表した。

 同施設は、京王相模原線多摩境駅から至近にあり、これまで暫定的に利用していた社有地に、店舗や事務所、倉庫などの複合用途施設を開発するもの。

 店舗やオフィス、倉庫などのテナントが入居可能となっている。

 オフィスおよび倉庫には、東京都町田市創業のお菓子・パン作りの材料器具専門店富澤商店(東京都)が入居予定だ。

 富澤商店は、本社機能及び神奈川県相模原市内にある既存倉庫や物流拠点についても本施設に集約する。

 また、京王ストア、スギ薬局、クリニックのテナントが出店する。

 京王電鉄では、物流事業での連携を視野に入れ、人材交流や移転支援に取り組んでいる。

 富澤商店の同施設への移転を契機に、倉庫内業務および拠点間配送業務の一部を京王運輸(東京都)が担うことで、同社の物流業務を支援する予定だ。

■京王多摩境駅前ビル
開業日:2023年冬
所在地:東京都町田市小山ヶ丘3-22-9
敷地面積:約6800㎡
延床面積:約1万6800㎡
構造規模:鉄骨造、地上5階建て
建物用途:店舗、オフィス、倉庫など

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態