支出管理の「LINEレシート」、スーパーやドラッグストアなどの価格比較機能を追加

Pocket

「LINEレシート」のスーパーやドラッグストアなどの店頭価格を比較できる新機能「ショッピングサポート」
新機能「ショッピングサポート」の先行版の提供を始めた

 対話アプリ運営のLINEは、レシート管理サービス「LINEレシート」にスーパーやドラッグストアなどの店頭価格を比較できる新機能「ショッピングサポート」を追加した。LINEレシート利用者が登録した情報を元に、同一商品の価格を比較できる。

 12月6日から、新機能の先行提供を始めた。同意した利用者のレシートデータをもとに、店舗ごとの商品価格や商品の平均価格および推移を表示する。平均価格は1カ月から3カ月の推移を確認できる。

 利用者が過去90日以内に3枚以上のレシートを登録した店舗は「よく行くお店」として追加され、「よく行くお店」で購入した商品の近隣店舗での販売情報が表示される。他のユーザーが対象商品のレシートを新たに登録すると、価格情報が自動更新される。

 LINEレシートは、人工知能を活用したOCR(光学式文字認識)によりスマートフォンで撮影した画像からレシートに記載された品目や金額を読み取り、「支出管理」と「購入履歴の記録」ができるサービス。食費や交通費などの費目別仕分けも自動で行う。

 LINEユーザーはLINEレシートを無料で利用でき、11月末時点での累計登録者数は300万人以上、累計登録レシート枚数は2億4000万枚を超えている。

「LINEレシート」の新機能「ショッピングサポート」の特徴
近隣店舗の価格と比較したり、平均価格の推移を確認したりできる

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態