【ベルジョイス】「ビッグハウスししおり店」、合併後初の新規出店

2019/03/12 13:00

ビッグハウス
アークス傘下のベルプラスとジョイスが2016年3月に合併してベルジョイスが発足したが、今回が合併後初の新規出店となる。

 

 ベルジョイス(岩手県盛岡市)は3月13日、宮城県気仙沼市にディスカウント型食品スーパー「ビッグハウスししおり店」をオープンする。

 

 アークス(札幌市)傘下のベルプラスとジョイスが2016年3月に合併してベルジョイスが発足したが、今回が合併後初の新規出店となる。

 

 ビッグハウスししおり店が出店する気仙沼市鹿折地区では、11年3月まで「ベルプラス鹿折店」を営業していたが、東日本大震災で全壊し、閉店した。

 

 ビッグハウスししおり店の売り場面積は1601平方メートル。ビッグハウスの特徴である「一物三価」(同じ商品でもまとめて買うほど価格が安くなる)で飲料やカップ麺などの安さを訴求するほか、生鮮食品は地元漁港で水揚げした水産品や「宮城県産ハーブ豚」「気仙沼ホルモン」など地域産品の販売に力を入れる。

 

 ベルジョイスとしては、19店舗目のビッグハウス業態となる。

 

■「ビッグハウスししおり店」概要

所在地 宮城県気仙沼市中みなと町1番15号
売り場面積 1601平方メートル
駐車台数 161台
営業時間 午前9時から午後9時

 

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media