米ウォルマート、整備済み中古製品の販売開始 家電やパソコン、テレビなど

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

米ウォルマートが販売を開始する整備済みの中古パソコンのイメージ
整備済みの認定中古品を手頃な価格で販売し、消費者の節約志向に応える

 米ウォルマートは、認定中古製品の販売プログラム「ウォルマート・レストアード(Walmart Restored)」をEコマースサイトの「Walmart.com」で始めた。整備済みの家電製品やパソコン、テレビなどを90日間の無料返品・交換保証付きで販売する。

 同社のEコマースサイトに出品するメーカーや小売業の一部は、これまでも中古品の販売を行っていたが、このうちウォルマートの専門家が検査、テスト、クリーニングを行った製品をウォルマート・レストアードとして認定する。

 認定した商品を集めた専用ページをEコマースサイト内に設け、商品カテゴリー別やブランド別で検索できるようにした。取り扱う商品は、パソコンやテレビのほか携帯電話、音響機器、タブレット、ビデオゲーム、カメラ、エアコンなどの大型家電、ミシンやコーヒーメーカーなどの小型家電、電動工具など。主なブランドとして、アップル、サムスン、HP、キッチン家電のキッチンエイド(Kitchen Aid)などの製品がある。

 この秋からは、一部の店舗でもウォルマート・レストアードの製品を販売する予定だ。同社は整備済み製品の販売により、インフレ進行に伴う消費者の節約志向に対応するほか、廃棄物の削減につなげる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media