クスリのアオキ、山形県に初出店、東北で4県目

2020/11/30 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

クスリのアオキの外観
山形店天童市への出店によって、総店舗数は657店舗となった。

 クスリのアオキホールディングス(HD)傘下のクスリのアオキ(石川県白山市)は11月25日、山形県天童市に「クスリのアオキ中里店」を出店し、同県に初進出した。東北での出店は、岩手、宮城、福島に次いで4県目となる。

 北陸を地盤とするクスリのアオキは、関東や東海、近畿などへ出店エリアを積極的に広げている。2020年4月には宮城と岩手に進出した。中里店の開業により東北での店舗数は21店舗、総店舗数は657店舗(調剤専門薬局6店舗を含む)となった。

 クスリのアオキHDは21年5月期に、前期の90店舗を上回る95店舗の新規出店を計画しており、連結売上高は前期比3.9%増の3120億円を見込んでいる。同社は20年6月にナルックス(金沢市)、10月にフクヤ(京都府宮津市)と、地場食品スーパー2社を相次いで買収した。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media