10年ぶりの業績予想下方修正! 「クスリのアオキ」に垂れ込む暗雲の“正体”

2020/01/03 06:05
雪元史章(「ダイヤモンド・チェーンストア」副編集長)

北陸地方を中心に関西から東北にかけてドラッグストアを展開するクスリのアオキホールディングス(石川県:以下、クスリのアオキHD)。今期(2020年5月期)中に売上高3000億円の達成をめざし積極的な出店戦略を進める同社だが、第2四半期決算では約10年ぶりの業績予想の下方修正を行うなど成長に陰りが見えてきた。その背景にあるものとは。

中計目標「売上高3000億円」の達成は難しい見通し

クスリのアオキ
クスリのアオキHDの栃木県内の店舗

 クスリのアオキHDの20年5月期の第2四半期決算(連結)は、売上高が1464億円(対前年同期比19.8%増)、営業利益が66億円(同2.8%減)、経常利益が68億円(同2.7%減)、最終利益は48億円(同5.1%減)で増収減益となった。

 これに伴い同社は通期業績予想の修正を発表。売上高は3000億円で据え置いたものの、営業利益は125億円、経常利益は129億円で、それぞれ期初の予想値からおよそ24億円・増減率にして約16%の下方修正を行った。クスリのアオキHDが業績予想の下方修正を行うのはおよそ10年ぶりのことだ。

 もっとも、トップラインも心許ない。3000億円という数字は、6カ年の中期経営計画で定めた「20年5月期に売上高3000億円達成」という目標をそのまま盛り込んだもの。しかし19年5月期の連結売上高は2508億円にとどまる。目標達成にはこの1年間で約500億円の積み増しが必要であることを考えると、極めて困難な情勢だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media