売上10倍も!行動変容をとらえた「楽しい内食」を提案するスーパーのSNS活用

2020/05/22 05:55
宮川耕平(日本食糧新聞社)

緊急事態宣言による外出自粛で、食シーンは一気に内食に向かいました。制約された暮らしの中で、多くの人は食事こそが最大の楽しみになったかもしれません。この間、スーパー各社は商品の安定供給や従業員の安全確保に忙殺され、チラシ配布も休止せざるをえない状況でした。それでもSNSやHP(ホームページ)を通じて内食を楽しむための情報発信を続ける企業がありました。今回はその取り組みを取り上げます。

店頭で十分に行えないメニュー提案を補うためにSNSの活用は進むか?
店頭で十分に行えないメニュー提案を補うためにSNSの活用は進むか?

内食を楽しもうという機運

 「内食を楽しもう」という気運は、店側のプロモーションで醸成されたわけではありません。ステイホームの当然の帰結であり、テレビでもSNSでも、料理人や著名人のレシピ紹介が盛んにされるようになりました。リモート飲み会、リモート帰省など、ちょっとしたごちそうシーンも内食で楽しむ傾向が生まれました。

 2月の末頃から、スーパー各社は安定供給を続けることに懸命でした。備蓄や感染予防の需要は今も高く、店頭ではカップ麺は何個まで、納豆は何個までといった制限がかけられたままです。同時に外出自粛が長期化する中、家庭での食事を楽しみたいという欲求も高まり、新しいメニューへのトライやリモートパーティーの広がりにつながっているようです。楽しい内食の実現を、それも遠出をせずに叶えたいわけですから、スーパーの出番です。生活者の期待は、備蓄だけではありません。

 

ビオセボン、朝食提案でオートミールの売上10倍

オートミールの朝食を提案したビオセボンのインスタグラム
オートミールの朝食を提案したビオセボンのインスタグラム

 東京・神奈川でオーガニックスーパーを運営するビオセボン・ジャポンは、急増する需要に直面して通常のスーパーと同様、安定供給に追われてきました。中には売上が前年比1.5倍に伸長した店もあるといいます。

 とはいえオーガニックを中心とした専門的な品揃えですから、備蓄需要だけで利用客が増えているわけではありません。最近のカード会員の増加について、岡田尚也社長は次のように分析します。

「自宅で過ごす時間が増えたことや、外食から内食という流れに加え、食生活そのものを見直そうという気運が高まっているようです。ライフスタイルの変化を感じます」(岡田社長)

 コロナ禍で健康意識が高まれば、食生活への関心も高まるのは自然なことかもしれません。オーガニック市場は健康意識の向かう先として、そのポテンシャルを一段と発揮しそうです。

 オーガニック食品の需要拡大には、利用者の興味関心を高めることが何より重要でしょう。興味関心を引き出すには情報が必要です。ビオセボンは店頭での取り組みに加え、自社HPやインスタグラムなどのSNSを通じて情報提供を続けています。

 そうした事例の1つが、GW中に発信した朝食提案です。オーガニックのオートミールを軸としたもので、取り上げた商品は売上が10倍に跳ね上がったそうです。

 商品部の今井顕輝部長は、「行動範囲が制限される中でも、生活を楽しみたいというニーズは確かにあります。行ける範囲にある店での提案は、今の時期だからこそ生活者の心に強く刺さるようです」と言います。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media