恵方巻マーケットは拡大傾向! 22年のトレンドとSM・CVS各社の恵方巻を徹底分析!

ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

1月14日、22年の恵方巻商品P R会を実施したイトーヨーカ堂(東京都/三枝富博社長)によると、恵方巻のマーケット規模は拡大傾向にあるという。18年には290億円だった市場規模が、20年には316億円まで成長。イトーヨーカドー1店舗あたりの節分当日の売上でも、20年は対前年比120%となり過去最高額を達成した。

海鮮、ヘルシー…恵方巻のトレンドは?

 その理由として同社は、コロナ禍での外出控えや内食化に加えて、もともと恵方巻は「無病息災」を願って食べるものであるためコロナ禍で関心が集まったことなどを挙げている。また、過去に恵方巻などをはじめ季節商材の大量廃棄が問題になった背景から店頭販売の量が限られ、「予約しておかないと食べたいものが買えないこと」が、結果として予約数および販売数を引き上げた側面もある。

 また、恵方巻の売れ筋にもコロナ禍でさまざまな変化が見られたという。「外食の代わりに自宅で豪華な食事を楽しみたい」というニーズから、海鮮をふんだんに使用した海鮮巻や、数量限定品、有名店の監修商品などに注目が集まった。また、健康意識の高まりからサラダ巻や、雑穀米などを使用したヘルシーな恵方巻の需要が伸びつつあることも近年の特徴だという。ほか、「旅行に行ったつもり」を味わう商品として、ご当地メニューを取り入れた商品が増えている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態