パナソニック、東京五輪関連の販売が2000億円超に上振れへ

2019/07/12 17:00

7月11日、パナソニックは、2020年に開催される東京五輪の関連ビジネス累計販売が2000億円を超える見通しになったと発表した。 都内で6月に撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 11日 ロイター] – パナソニックは11日、2020年に開催される東京五輪の関連ビジネス累計販売が2000億円を超える見通しになったと発表した。2014年時点では1500億円を計画していたが、競技場や選手村などの直接需要だけでなく、周辺施設などの間接需要も順調に受注しているという。

会見した東京オリンピック・パラリンピック推進本部長の井戸正弘執行役員は「当初の目論見からホテルやオフィス、商業施設向けなどの間接需要が大きく伸びた」と説明。「新しい需要の刈り取りで2300─2400億円がほぼ見えている」と語った。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media