ライフの生鮮配送が開始したばかりなのに、プライムナウがひっそりと縮小した理由を考える

2019/09/20 05:00
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)

アマゾンジャパン(東京都)の有料会員向け即時配送サービス「プライムナウ」の対象エリアが大幅に縮小する。プライムナウといえば、国内で初めて食品スーパーのライフコーポレーション(大阪府)と提携し、9月12日に生鮮食品や総菜の配送サービスを開始したばかり。ひっそりと発表されたプライムナウ縮小は何を意味しているのか。

プライムナウ

 9月中旬――。プライムナウのアプリを開くと、トップページに「Prime Nowに関する重要なお知らせ」と大きく掲載されていた。タップしてお知らせをの内容を確認してみると、

・9月15日以降、これまで朝8時~深夜0時までとしていた配送時間を10時~18時に短縮する

・10月31日をもって、東京都10区(板橋区、中野区、北区、豊島区、文京区、荒川区、足立区、新宿区、練馬区、杉並区)を残して、プライムナウのサービス自体を終了する

と記されていた。Amazon.co.jp 内のプレスリリースのページを見ても本件に関する発表はなく、まさにひっそりとサービスを縮小させる格好だ。

 プライムナウが日本でスタートしたのは、2015年のこと。注文後最短1時間で商品が届くサービスはローンチ当初から多くの注目を集め、当初は東京都内の一部エリアのみを対象としていたが、順次エリアを拡大。199月時点で東京・神奈川・千葉・大阪・兵庫にまで対象エリアを広げている(どの都府県も全域ではなく一部の市または区での展開)。これを、10月31日に東京都10区を残してすべて終了するというのである。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media