オートバックス フィリピン人実習生が新在留資格取得

2019/09/18 12:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

自動車整備
写真はイメージ

オートバックスセブンは、同社と加盟店契約を結んでいるユーエイの運営する「スーパーオートバックス KUKI」(埼玉県久喜市)に就労するフィリピン人技能実習生の1名が、新在留資格「特定技能1号」の自動車整備分野で、特定技能外国人としての許可を受けたと発表した。
特定技能は、2019年4月から新設された新しい在留資格で、従来、一部の例外を除いて外国人が働くことのできなかった、建設業界や造船業界、宿泊業界、外食産業などで、外国人が働くことができる制度。

 当該の実習生は2016年9月に来日し、同店で、金属塗装職種の技能実習生として就労していた。ユーエイの支援・指導を受けて、三級自動車ガソリン・エンジン整備士の資格を取得。また、日本語能力試験レベルN2(日常的な場面に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解できるレベル)を取得した。

 オートバックスグループでは、2006年よりフィリピンのパーペチュアル大学と提携し、技能実習生をオートバックス店舗で受け入れている。2019年9月現在、自動車整備職種で約200名の実習生が働いている。今後は本人の希望なども踏まえて、特定技能1号への移行者が増加する予定だ。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media