下着メーカーならではの気づき!「ワコールの靴」が就活生に人気のワケ

2022/05/18 05:55
両角晴香
Pocket

2004年に女性のために開発された機能系ビジネスパンプス「サクセスウォーク(success walk)」が売上を拡大中だ。製造元のワコール(京都府/伊東知康CEO)は国内の婦人向けインナーウエア市場でシェア1位を誇る言わずと知れた下着メーカーだが、1989年から靴を製造。“靴の製造小売業”としての顔も持つ。こだわりは足にフィットする快適さ。近年、若い女性のかかとが小さくなっていることから、かかとの小さい方向けに品番を拡大。また足型自動計測機(REALFOOT special customized for WACOAL)の導入によって、購入率を68%まで押し上げた。

なぜ下着メーカーが靴を作るのか

パンプス
サクセスウォークのベーシックなパンプス

 バストの形が100100通りあるように、足の形も人それぞれだ。ブラは「カップ」と「アンダー」の2箇所を測って最適なサイズを探すが、靴は23.5cmといった足長(そくちょう)の1箇所のみで購入するのが一般的である。せっかくデザインが気に入っても足の幅が合わなければアウト。購入を諦めざるを得ない。つまり足の形は極めて重要なわけだが、自分の足の幅が何センチあるのか把握している人は少ない。

 「ブラジャーが『カップ』と『アンダーバスト』でサイズが決まるのと同様に、ワコールサクセスウォークでは『足長』だけでなく『足幅』と『足囲』に着目し、お一人おひとりにぴったり合った靴を提供してきた」と話すのは、ワコール ウエルネス商品営業部フット営業課長の細川清里氏。近年、若い女性のかかとに変化が起きている点に着目し、サクセスウォークをさらに進化させた立役者だ。

 女性用インナーウエアを製造するワコールの最大の武器は、人体を科学の視点から研究し、商品開発に生かしている点である。ワコール人間科学研究開発センターは1964年の設立以来、毎年千人近くの4歳から69歳までの女性の人体計測を行い、これまでに延べ約45000人以上のデータを収集してきた。

 「人体を研究するなかで、当然、足の研究も行ってきた。女性の美は足元からなので、弊社が靴事業に参入するのは自然な流れだった」(同)

1 2 3 4 5

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media