創業時の味が楽しめる限定商品も! 大阪・箕面、あの人気ドーナツチェーンの1号店を探訪

2024/02/09 05:59
森本 守人 (サテライトスコープ代表)
Pocket

スイーツ系チェーンストアで、常に人気ランキング上位につけるミスタードーナツ。低迷に苦しんだ時期もあったが、コロナ禍でテイクアウト需要の増加、またコラボ商品の展開などで再浮上し、現在は好調を続ける。今回はそんなミスタードーナツの1号店に足を運んでみた。

創業秘話も知ることができる1号店

売り切れ続出のコラボ商品

 行き先は、大阪府北部の箕面市。大阪都市圏のベッドタウンとして発展し、閑静な住宅地が広がることで知られている。一部に企業の経営者、また芸能人の邸宅が並ぶ高級住宅地もあり、関西でも知名度の高いエリアのひとつだ。

 阪急電鉄箕面線の「箕面」駅から徒歩5分、みのお本通り商店街の一角に1号店はある。電車を降りた私は早速、現地へと向かった。

阪急電鉄箕面線の「箕面」駅から徒歩5分、みのお本通り商店街の一角に店はある

 あらためてミスタードーナツの歴史に触れると、国内1号店の「箕面ショップ」がオープンしたのが1971年。その後、店舗網を増やすとともに新商品を次々と発売、着実に人気を獲得していく。

 公式サイトには、1974年「第100号店八代ショップオープン」、1978年「第200号赤羽ショップオープン」、1980年「創立以来の累計売上が1000億円を突破」とある。急速に店舗網と事業を拡大した様子が伝わってくる。

 だが、現在に至るまでは順風満帆だったわけではない。店舗数は右肩上がりを続けたものの、不振店も多く、一時は売上高が伸び悩むなど低迷を経験している。21年3月期まで店舗数は減り続けたが、22年3月期、各種の施策が実って9年ぶりに増加に転じる。ドーナツブームの再来、コロナ禍にはテイクアウト需要もあり、以来、今日まで好調を続ける。2023年3月期末時点での国内店舗数は997となっている。

 近年、支持を得る商品政策のひとつがコラボレーション企画だ。直近では今年1月11日から、ベルギーの高級チョコレートブランド「GODIVA」と共同開発した4つの限定商品を販売している。

 「限定」という言葉に弱い筆者は、ぜひ食べてみたいと思い、「京都」駅にあるショップへ。長い行列に耐えた苦労が報われことなく、最初の店では品切れで全4種のうち2つしか手に入らなかった。諦め切れず、次の店でようやく全商品を揃えたという次第だ。精算時、質問するとスタッフのお姉さんは「どれも大人気で、すぐに売り切れる」と話していた。

「GODIVA」と共同開発したドーナツを買うため京都のショップへ。最初に訪れた店舗では一部が売り切れだった
購入した4種類の限定商品。女性スタッフは「どれも大人気で、すぐに売り切れる」と話していた

 そうこうしている間に、1号店に到着。見上げると、看板には「0001」と店舗ナンバーがを示す数字がある。入り口の横には「箕面ショップ 限定ドーナツ販売中」と書かれたポスターが貼られている。「創業時のなつかしい味のドーナツを数量限定で販売中」との文字に心が躍った。

1号店に到着する
看板には「0001」と店舗ナンバーを示す数字がある

 期待に胸を膨らませ、私は入店した。

次ページは
1号店をいざ訪問
1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態