調剤争奪戦!!

これまで病院に近接するいわゆる「門前薬局」が圧倒的なシェアを有していた調剤薬局市場。しかしここへきて、コスモス薬品(福岡県)やクスリのアオキホールディングス(石川県)といった食品強化型ドラッグストア(DgS)が調剤強化の姿勢を鮮明にしているほか、首都圏を代表する有力食品スーパー(SM)のオーケー(神奈川県)も直営での参入を決定。薬局の“聖域”であった調剤ビジネスをめぐって、にわかにボーダレスな争奪戦が展開されようとしている。食品強化型DgSやSMといった新規参入組にチャンスはあるのか。そもそも他業態が調剤ビジネスに参入する意味とは。各社の取り組みや戦略、識者の見方、消費者データの分析などさまざまな側面から考察する。

© 2021 by Diamond Retail Media