NECとJAL、羽田空港で顔認証決済の実証実験、10月末から

2020/09/07 10:29
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

空港売店「BLUE SKY(ブルースカイ)」とロゴ
JALグループ会社が運営する売店で、顔認証による「手ぶら決済」の実験を行う

 NECと日本航空(JAL)は9月4日、羽田空港の売店で顔認証による「手ぶら決済」の実証実験を行うと発表した。羽田空港での顔認証決済は今回が初めて。10月末から実験を始める予定だ。

 NECが2019年1月から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)で行っている「IoTおもてなしサービス実証」にJALが参画する形で、実証実験に着手する。JALグループのJALUXエアポートが運営する空港売店「BLUE SKY(ブルースカイ)」の22番ゲートショップで実験を行う。IoTおもてなしサービス実証に決済情報を登録すると、顔認証で支払いができる。

 両社は南紀白浜空港でも、手荷物の待ち時間がデジタルサイネージ(電子看板)に表示されるサービスの実証実験を10月末から始める。手荷物受取所に設置されたデジタルサイネージの前に立つと、カメラで個人を認証し、手荷物の返却予定時刻を表示する。「JALマイレージクラブ」の会員が、IoTおもてなしサービス実証に登録することで利用できるようになる。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media