高精度の需要予測が導く業務最適化策 課題解決の可能性を実感できる「需要予測クイック診断サービス」

2019/12/26 11:27
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

需要予測クイック診断サービス

流通業界の幅広い業務活動において、需要予測を取り入れることが不可欠となりつつある。需要予測の活用により、物流や店舗、本部の経営部門や商品部門における業務課題の解決、業務効率化、コスト削減、売上向上などが見込めるからだ。

近年、店舗経営において人手不足が深刻化しているが、需要予測により、店舗オペレーションの効率化を図ることができる。たとえば、需要予測型自動発注のソリューションを導入することで、欠品防止や在庫削減、品出し回数の削減、従業員配置・シフトの最適化が可能になる。

需要予測への関心が高まる中、需要予測を起点とした“Analytics経営”の実現を標榜するSAS Institute JAPAN(以下、SAS)に注目が集まっている。SASは、人口知能(AI)の技術を融合し、需要予測から在庫適正化まで一連の機能を強化したソリューションを提供している。

SASは流通業界向けに高精度需要予測に基づくサプライチェーンの自動化・最適化をサポート。「サプライチェーン」「マーチャンダイジング」「店頭オペレーション」といった場面において、国内外の小売業やCPGメーカーの業務最適化を支援している。現在、世界で約7000社、うち流通企業と一般消費財(CPG:consumer packagedgoods)メーカー800社にソリューションを提供しており、導入企業の効率改善をサポートしている。

今回のレポートでは、長年にわたり国内外の流通業の課題解決を支援してきたノウハウとナレッジを駆使し、短期間・低費用で需要予測の精度を検証できる「需要予測クイック診断サービス」を紹介。「需要予測により課題解決が可能か」「今あるデータで予測できるか」「経営陣や社内を説得したい」「課題解決に向けてどんなデータや仕組みが必要か」「既存の仕組みと比べて改善できるか」といった疑問や悩みに対応する。

SASは過去、主に日本の流通企業とCPGメーカー向けに行ってきた需要予測プロジェクトからの知見を蓄積、反映された予測モデルを用いて、各社個別の課題解決に応えていく方針だ。貴社の「今あるデータ」で需要予測&診断が可能であり、新たなMD施策や店舗オペレーション改革のきっかけにしていただきたい。

本サービスで利用する需要予測モデルの強み

本サービスで利用する需要予測モデルの強み

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。Copyright©2019 SAS Institute Inc.無断複写・転載を禁じます。

受付は終了しました

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media