良品計画、無印良品直江津に「まちの保健室」、クオールHDなどと連携

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

良品計画とクオールHDが連携して、無印良品直江津店内に「まちの保健室」を開設する(完成イメージ)
まちの保健室の面積は約132平方メートルで、「クオール薬局」も出店する

 良品計画は7月20日、「無印良品 直江津」(新潟県上越市)の店内にクオールホールディングス(HD)などと連携して健康に関する商品や情報、サービスを一括提供する新しい売り場「まちの保健室」を開設する。

 予防から健康維持、治療に関わるモノとコトを一気通貫で提供するのがコンセプトで、無印良品の衛生用品や寝具、アロマ、運動に適した衣料やシューズ、体にいい食品など予防と維持に関わる商品を販売する。

 また、クオールHDが「クオール薬局」を通じて処方薬や一般用医薬品、漢方を取り扱い、健康相談カードを使って一人ひとりの体質や症状にあった漢方薬を販売する。クオールHDは、「健康体操講座」「からだ健康度測定会」「薬剤師の漢方講座」「管理栄養士セミナー」などを開催し、地域住民に健康に関するサービスや情報も提供する。

 まちの保健室の面積は約132平方メートル。7月20日はプレオープンの位置づけで、8月1日のグランドオープンから処方箋の受け付けを始める。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media