在米ジャーナリストが見る米国DX

デジタルトランスフォーメーション(DX)や人工知能(AI)の活用が進まず、一部の論者に「デジタル敗戦」とさえ揶揄される日本の小売業界。そのような日本の後進性の比較対象となっているのはテクノロジーリーダーである米国だ。ウォルマートやクローガーなど、米国を代表する小売のDX、AI活用事情は?在米ジャーナリスト岩田太郎氏が米国の現状をレポートする。

© 2021 by Diamond Retail Media