食品スーパー売上高、9月の既存店は1.0%増、8カ月連続のプラス

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

千葉のスーパーマーケット
10月21日、日本チェーンストア協会が21日発表した9月の全国スーパーマーケット総販売額(56社、1万0851店)は、店舗調整後で前年比4.6%減の1兆0150億円となった。写真は千葉のスーパーマーケットで5月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 全国スーパーマーケット協会など3団体が発表した食品スーパー270社の9月の売上高(速報値)は、既存店ベースで前年同月比1.0%増と8カ月連続で前年実績を上回った。新型コロナウイルス感染症の影響による内食傾向が続いており、生鮮3部門を中心に好調だった。

 商品部門別では、主力の生鮮3部門は合計で5.7%増となった。内訳は、相場高だった青果が6.6%増、水産が4.4%増、畜産が5.6%増だった。日配は2.9%増となったが、総菜は0.6%減。前年は消費増税前の駆け込み需要があった酒類などを含む一般食品は1.5%減、非食品も10.5%減と苦戦した。

 地域別では、台風接近の影響を受けた九州・沖縄が4.1%減となったものの、その他の5地域はいずれも前年比プラスだった。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media