週刊スーパーマーケットニュース マルエツが時間帯別混雑状況を配信

2020/06/12 15:47
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

1週間の食品スーパーに関するニュースを集めた週刊スーパーマーケットニュース。マルエツでは、Tポイント・ジャパン(東京都渋谷区)とともに、店舗利用者が混雑する時間帯を避け、安心して買物ができるよう、店舗の時間帯別混雑状況が確認できる情報配信サービスを、6月5日から始めた。(6月5日から11日のニュースをまとめました)。

マルエツ
写真は別店舗

ヨーク
「ヨークフーズ」と「ヨークプライス」で再スタート

 ヨークでは、「イトーヨーカ堂食品館」として営業していた15店舗、「ザ・プライス」として営業していた「ザ・プライス」の屋号をそれぞれ変更、「ヨークフーズ」、「ヨークプライス」として、6月5日(食品館新宿富久店は6月17日)に再オープンした。「ヨークフーズ」、「ヨークプライス」とも“暮らし提案型”のスーパーマーケットを目指し、6月1日に発足したヨーク傘下で、首都圏各地の地域性を考慮して出店を進めていく。

マルエツ
時間帯別混雑状況の情報配信サービス開始

 マルエツでは、Tポイント・ジャパン(東京都渋谷区)とともに、店舗利用者が混雑する時間帯を避け、安心して買物ができるよう、店舗の時間帯別混雑状況が確認できる情報配信サービスを、6月5日から始めた。スマートフォン向けサービス「マルエツチラシアプリ」、「Tポイントアプリ」、「マルエツホームページ」、「Tサイト」の専用ページから利用でき、マルエツ、マルエツプチ、リンコスなど、全店舗の状況を無料で確認できる。

カスミ/ヤマザワ/コープさっぽろ
じわりと広がる移動スーパー網

*カスミ
 6月15日から茨城県つくばみらい市で、移動スーパーの運営を開始する。おにぎりや弁当をはじめ、野菜や魚・肉などの生鮮食品、牛乳やパンなど購買頻度の高い生活必需品を約400品目搭載する。市の協力のもと、富士見ヶ丘店を拠点店舗として58ヶ所を販売場所に選定。1日11〜12か所を巡回して販売する。同社の移動スーパーの運用は、つくば市で2013年3月に開始した。現在、つくば、取手、日立、笠間、つくばみらい、阿見の5市1町に拡大し、車両は7台となった。

*ヤマザワ
 新規事業としての移動スーパー「とくし丸」を、6月24日から始める。同社の「とくし丸」は、日常の買物に不便を感じている高齢者や身体の不自由な方などを事前訪問し、依頼を受けた利用者の自宅前に出向いて、パートナー(個人事業主)が運んだ商品を購入してもらう。宮町店を拠点として山形市北部をサービスエリアの対象とした。

*コープさっぽろ
 6月9日、新規エリアである北海道恵庭市で、「恵み野店」を母店とする94台目の移動販売車「おまかせ便カケル」の運行を始めた。これまでの運行エリアは、高齢者施設専用コースも含め、道内131市町村におよぶ。カケルの商品搭載数は約1,000品目。

ライフコーポレーション
土産品の特別販売支援
乳酸菌入りの「健美銀鮭」

 ライフコーポレーションでは、6月3日から、宮城県で有名な牛たん専門店「利久」の商品を、首都圏の30店舗限定で販売した。コロナウイルス感染拡大の影響で、行き場を失ってしまった日本各地のおいしい商品を店舗で販売することで、少しでも生産者の支援につなげようとする企画。これまでも「学校給食用牛乳の販売」、「産地応援セール」といった取り組みを行ってきた。

ライフコーポレーションはまた、鮮魚コーナーで人気の「塩銀鮭」の新商品として、乳酸菌が100億以上入った甘塩銀鮭「健美銀鮭」を5月末に発売した。「塩銀鮭」に米由来の“乳酸菌”を加えた、開発者自慢のオリジナル商品。首都圏の全121店舗で販売中。2切入278円(税抜)、3切入398円(税抜)。1切(約70g)当たり100億以上の乳酸菌が配合されている。

オークワ
「プライスカット榛原福地店」改装オープン

 6月11日、奈良県宇陀市のプライスカット榛原福地店(150坪)が改装オープンする。同店は1988年4月に営業を開始し、2007年6月に「全品とにかく安い」をコンセプトに「プライスカット」に業態変更。今回の改装オープンでは、冷凍食品やレトルト食品などの簡単・便利商品の品揃えを強化したほか、高齢者や単身者にも便利で適量の食べ切りサイズの惣菜などを充実させた。

関西スーパーマーケット
全従業員に2回目の「感謝特別支給金」

 コロナウイルス禍の状況下で業務に励むアルバイトを含む全従業員(約5,800人)に、2回目となる「感謝特別支給金」を支給する。緊急事態宣言延長期間(5月7日〜21日)を対象とした今回の一人平均は6,700円(社員はグレード別に1万円〜2万5,000円、パート社員・アルバイトの時間給者は1時間当たり100〜150円)。1回目と2回目の支給金額合計は、一人平均2万100円となる。

マックスバリュ東海
「静岡県産ハーブ鶏のクリームコロッケ」

 6月7日からマックスバリュの限定商品として発売した。「じもの(地域商品)」の開発と導入を進める取り組みのひとつ。くせがなく、あっさりとした味のハーブ鶏は生クリームとの相性も良く、美味しいクリームコロッケに仕上げている。税抜298円。

マックスバリュ九州
「のべおかの魚・地産地活」キャンペーン

 宮崎県延岡市内の4店舗が、地元水産業者応援企画である「のべおかの魚・地産地活」キャンペーン(主催:延岡市水産物産地販売強化推進協議会)に参加し、地元で漁獲された水産物の消費拡大に協力する。開催期間は6月12日〜7月13日。

イオン東北
秋田県産食材使用の総菜パン2品

 たけや製パンと共同開発し、秋田県産の「いぶりがっこ」と「味どうらくの里」を使った総菜パン2種類を、県内36店舗を中心に6月10日から30日まで販売する。「いぶりがっこタルタルたまごサンド」(税抜228円)と「味どうらくの里の焼き肉ロール」(税抜198円)。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media