アリババ現地レポート3 日本の有名菓子メーカーが売上5倍にしたB2Bプラットフォーム「リンショウトン」とは?

2019/12/19 06:00
菊谷信宏(GloTech Trends 編集長)

レポート最終回となる今回は、アリババのニューリテール戦略において、零細小売店舗、いわゆる「パパママストア」のデジタル化領域を担う「零售通(リンショウトン)」と言われるB2Bプラットフォームについて紹介したい。日本ではまだあまり知られていないものかもしれないが、実はこのリンショウトンを活用して売上の大幅アップに成功した日本企業も出てきている。

「パパママストア」をデジタル化!

 リンショウトンをいち早く導入し、中国市場において大幅な売上アップを実現したのが、大手菓子メーカーのUHA味覚糖(大阪府)である。同社は2019年4月からリンショウトンを導入し、わずか3カ月で前年同期と比較して売上を5倍以上に伸ばしたというから、その効果は驚異的である。

 今年のアリババのテクノロジーイベント「雲栖大会」においても、リンショウトンの仕組みがUHA味覚糖のような成功事例とともに詳細に紹介されていた。まずは、日本企業にとって中国市場攻略の重要なカギとなるかもしれないリンショウトンの仕組みを簡単に紹介しておこう

 アリババが提供するリンショウトンとは、UHA味覚糖のようなサプライヤーと、市中のパパママストアを”マッチング”させるB2Bプラットフォームの名称である。日本企業は、リンショウトンにサプライヤーとして参加することで、これまで直接的な営業活動が困難だった中国の地方都市に点在するパパママストアに簡単にアプローチできるようになり、ビジネスチャンスの拡大に繋がるというわけだ。

 最先端のテクノロジーを活用したリアル店舗ばかりが話題に上る中国だが、実際には地方都市を中心に約600万ものパパママストアが存在するとされる。こうした零細店舗のオーナーはデジタルへのリテラシーが低く、「IT化」とは無縁の存在であった。ここに目をつけたのがアリババである。リンショウトンを介して、中国全土にあるパパママストアをオンラインの領域に取り込もうとしているわけだ。

ビッグデータを駆使して精度の高い商品発注が可能に

杭州市内の天猫小店
杭州市内の天猫小店

 パパママストアがリンショウトンを導入すると、まずはアリババから派遣されたサポートスタッフによるレクチャーを受け、さらに「天猫小店(天猫スマートコンビニ)」として店舗内外が綺麗にリニューアルされる。天猫小店の店舗周辺の商圏特性や住民属性はアリババが保有するビッグデータにより科学的に解析され、どういう商品が人気で、売れ筋となり得るのかがオーナーに提示される。在庫管理や発注業務は基本的にスマートフォンで行い、オーナーはリンショウトンで”おすすめ”された商品を発注すればよいというわけである。

リンショウトンの店舗側の管理画面
リンショウトンの店舗側の管理画面

 筆者は雲栖大会でリンショウトンの説明を聞いたあと、アリババの本社スタッフの案内のもとで本社に最も近い天猫小店を訪問し、店主に話を聞くことができた。曰く、「リンショウトンの提案に従って仕入れた商品は、本当に売れ行きがよい。昔は自分たちで卸問屋に出かけ、自分の勘に頼って商品を仕入れていた。しかし賞味期限間近の商品をつかまされるといったリスクも少なくなかった。現在はリンショウトンを活用すれば、便利で安心なのはもちろん、目に見えて売上も増えているし、店舗運営効率も改善している」と大絶賛だったのである。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media