楽天、Uber Eats Japan提携の衝撃と資本提携の可能性は?

2022/04/18 19:15
湯浅 大輝 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

Uber Eats Japan合同会社(東京都/武藤友木子代表)と楽天グループ(東京都/三木谷浩史社長)は、4月18日、「Uber Eats」と「楽天ペイ」のサービス連携を開始すると発表した。「Uber Eats」のすべての利用者は、4月下旬までに「楽天ペイ(オンライン決済)」を利用できるようになる。

ウーバーイーツ、楽天
(左から)Uber Eats Japan合同会社の武藤友木子代表、楽天グループコマースカンパニー上席執行役員の松村亮氏

日本人は「ポイント」が好き? 両社のねらい

今回の連携により、実装される機能は大きく2つある。1つ目は、「Uber Eats」ログイン時に、楽天IDを利用できるようになり、シームレスなログインが可能になった点。また、「Uber Eats」に登録していないユーザーも、楽天IDを持っていれば簡単に登録することができるようになる。ログイン画面2つ目は、「Uber Eats」で商品を注文する際に、「楽天ペイ」を選択し、楽天IDに登録しているクレジットカードから支払いができるというもの。商品代金や配送料の決済時には「楽天ポイント」を支払いに使い、ポイントを貯めることも可能だ。決済機能は4月17日から一部ユーザーを対象に試験運用を開始しており、4月下旬までに全ユーザーに拡大する。

今回の両社の提携は、日本で1億人以上の会員数を誇る楽天の“デジタルエコシステム”を取り入れ、登録店舗数、月間アクティブユーザー数ともに日本一位である「Uber Eats」をフードデリバリー市場において不動の座のものにしようとするUber Eats Japanと、国内EC流通総額※10兆円(2021年実績5兆円)を目指し、外部サービスとの提携を進めたい楽天双方の思惑が重なったことで実現した。

※楽天市場、楽天トラベル、楽天ファッション、楽天西友ネットスーパー、楽天ペイなどを含む流通額

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media